1年   
情報基礎T  基本的な情報リテラシーを徹底的に身に付けます。コンピュータを使う能力は持っていて当たり前の時代になりました。橘では日本語ワープロと表計算ソフトウェアは使えて当たり前。   
     
 2年   
社会と情報 情報社会で生き抜く力を身に付けます。情報を正しく受け取り、適切に発信することができるように、問題解決とコミュニケーション、情報モラル、情報の表現の仕方について学びます。   
     
 3年   
情報演習 情報を科学的に考えます。ディジタルデータのしくみ、モデル化とシミュレーション、マルチメディアといった学習を通してコンピュータが扱う「情報の形」に触れていきます。   
     
選択科目(2・3年)    
  情報基礎U  データベースソフトウェアと使った情報リテラシーの向上に努めます。膨大なデータからほしいものをほしい形で情報化していく技能を身に付けます。  
  コンピュータグラフィックスA  CG技術の基本を習得します。Aで扱うのは平面図形にもとづいた技術を学びます。  
  コンピュータグラフィックスB  BではAで学んだ技術を応用して立体図形にもとづいた技術を学びます。   
  情報システム論  IT・情報を学んだ総仕上げとして、国家試験「ITパスポート」の合格にチャレンジします。   

 日本情報処理検定協会主催の日本語ワープロ検定と情報処理技能検定を7月・10月・12月・2月に受検することができます。
 1年生は全員2級合格まで、2・3年生は1級・段位の合格を目指す生徒が受検をします。