STAFF

新進気鋭の橘高校情報科担当教員です。

 A型・うさぎ年 。陸上競技部顧問。専門はやり投げです。そのおかげで板書中でも、振り向きざまに狙ったところへチョークを飛ばせる特技(?)があります。 
 卵焼きとメンチカツ。ガリガリ君ソーダとカスタードクリームも大好き。ポールマッカートニーとイギリス大好き。でも老後はオーストラリア、タスマニアで…と考えています。
   荒井康仁
社会と情報・情報基礎U担当
 情報は人間の五感を通じて交わされるもの。橘の情報教育は言葉を使ったコミュニケーションを土台に成り立っています。そもそもコンピュータは人間が苦手な記憶と計算の補助をするだけの道具にすぎません。だからパソコンの電源はどうしても…という時にだけ入れることにしましょう!
 
    B型ねずみ年。体格は牛のようですが、年齢に合わず結構チョロチョロしているようです。それも、演劇を大学時代からやっているからでしょう。授業中に生徒を怒鳴っているのも、演技かもしれませんよ。
 行事大好きな人間に見られていますが、実はそんなことは、ありません。ただ『真剣に遊ぶ』ことが好きなだけです。『やるなら、トコトン』それだけで、生きています。
 大坪靖幸
情報演習・システム論担当
 情報とは、『誰かが誰かに何かを伝える』ことだと思います。個人が世界中に伝える。個人が個人に伝える。企業が企業に伝える。発信と受信。しかし、そこには落とし穴があって、悪意のある発信があったり、間違った情報を受信があったりします。何が正しくて、何が間違っているのかを知ること。それが情報で大切なことだと思っています。
 
   現代アートにハマっています。草間彌生のドットに眩暈を感じる瞬間が何ともいえません。
休みの日は森美術館とかワタリウム美術館で一日中過ごすこともあります。
 浅野恵司
情報基礎T・
コンピュータグラフィックス担当 
 コンピュータグラフィックスは、数学・物理とアートの融合です。
数学とアートは、一見すると接点がなさそうですが、二つが融合すると現実世界には無い不思議な体験が待っています。